協会のご案内About

社団法人 東京都計量協会(以下「都計協」という。)は、昭和23年(1948年)7月12日、まだ戦後の荒廃が終息していなかった時期に、東京都内の計量器製造事業者、販売事業者、修理事業等の計量関係事業者が集まり、都民の計量思想の普及、計量意識の高揚、豊かで快適な生活のための適正な計量の推進を図り、計量文化の向上に寄与することを目的に設立され、活動を行ってきております。

ご挨拶

一般社団法人 東京都計量協会(以下「都計協」という。)のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

都計協は、都民の計量思想を普及し、計量意識の高揚を図り、豊かで快適な生活のための適正な計量を推進し、都民の計量文化の向上に寄与することを目的に、東京都内の計量に係る製造事業者、販売事業者、計量士、計量器を使う人たちによって活動を行っている団体であります。

都計協は、昭和23年(1948年)7月に設立され、平成23年(2011年)4月に一般社団法人へ移行、令和3年(2021年)で設立73年を迎えています。

都計協は上記の目的を達成するために、東京都からの指定定期検査機関としての受託事業を中心に毎年、かなりの規模の質量計、タクシーメーターの検査事業を実施しているほか、会員相互の意思疎通、情報交換、そこからつながる計量管理に関した講習会の開催、調査研究などを実施しています。

また、計量思想の普及啓発を図るため、東京都計量検定所をはじめとする関係機関・団体と共同で、小学生を対象とした「出前計量教室」の実施、11月1日の計量記念日における「都民計量のひろば」などを開催しております。

新型コロナ感染症の終息が見えないなかですが、感染防止対策の徹底を図りながら、さらに充実した協会活動を展開し「都民の計量の安全安心」に貢献してまいる所存です。

皆さまの引き続きのご支援ご協力をお願い申し上げます。

一般社団法人 東京都計量協会
会 長  小 川   弘