事業内容Business

一般社団法人 東京都計量協会の事業内容

(1)計量に関する知識の普及・啓発

ア 都内区・市で開催される消費生活展に参加し、計量に関する知識の普及、啓発の実施
イ 計量相談の対応(昭和23年開始)
ウ 計量記念日ポスターの計量関係事業者に配布掲示(昭和27年開始)
エ 業界新聞を通じ「とうきょうの計量」と題し、東京都、協会、都内計量関係団体の事業活動状況の広報(昭和50年開始)

(2)計量記念日に関する事業の実施

ア 毎年11月1日の計量記念日には、東京都と共催で「都民計量のひろば」を開催し、メインテーマを定め広範な都民に計量に関する知識の普及・啓発を実施(昭和55年開始)
イ 計量記念日事業の一環として、「計量記念日のつどい」を開催し、経済の発展及び文化の向上に寄与する計量の意義を広く高揚し、併せて計量に功労のあった者の顕彰(昭和37年開始)

(3)指定定期検査機関による定期検査(計量法第20条第1項)、指定計量証明検査機関による計量証明検査(同法第117条第1項)の実施
(4)計量士による代検査(計量法第25条及び第120条)、計量管理業務(同法第27条)等の実施(昭和50年開始)
(5)郵便局㈱・郵便事業㈱計量管理受託業務の実施

郵便局㈱等各社の適正計量管理事業所計量管理業務を受託し定期検査、分銅の校正を実施。(平成16年開始)

(6)計量器検定申請事務の受託(昭和50年開始)
(7)東京都手数料等徴収事務の受託(平成22年開始)
(8)タクシーメーター装置検査補助業務の受託(平成23年度)

タクシーメーター装置検査の検査補助業務としてメーター部会の協力を得て要員を雇用し、平成23年度より竹芝検査場、翌24年度より深川検査場において受託業務を実施。

(9)計量業務に携わる者に対する講習会、研修会、見学会等の開催(昭和48年開始)

計量器販売事業者の法知識、技術知識の向上を目的に計量器コンサルタント資格制度に基づく資格取得研修の開催。

(10)計量に関する諸問題の調査・研究
(11)行政及び関係団体との連携、協力、交流及び行政へ意見具申
(12)計量関係功労者の表彰及び表彰候補者の推薦